MENU

 それでも負けないで、さらなる出会いを求め、出会いアプリを利用していったのです。
相変わらずGPSを使って位置表示をしている女の子たちに向けてメールを発信していく。
返信をくれた女の子と仲良くなるために一生懸命コミニケーションをとっていく、こういうことを繰り返していました。
写メと実物は違う、それは脳内にしっかりと叩き込んでおきました。
こうしているうちに仲良くなった女性が1人現れてきたのです。
メール交換から始まって、通話をしていって、それでリアルに会うことになったのです。
彼女、写メと同様の顔立ちでなかなか可愛いのです。
26歳のOLと言っていましたから年上の女性でした。
顔立ちも良いしスタイルもかなりいい感じがしました。
彼女とは、実際に対面をしてお茶を飲んだりして話す事ができて、それを2、3回繰り返すまでに発展していったんです。
今までは一度限りで話も弾まなかったのですが、彼女はやたらとお話を上手に膨らましてくれるし、聞くのも上手だしこちらの気分も凄く良くなってきました。
年上の女性だけど、顔立ちも可愛いからお付き合いができたら楽しいだろうな、そう思うようになっていったのです。
彼女と実際に会う回数も重ねていき、随分と仲良くなったと自分では思っていました。
しかし…思わぬ落とし穴がそのあとに待っていたのです。
出会えたプリを利用してやっと春を出来そうだ、そう思ってウキウキ気分だったときのことでした。
いつものようにお茶を飲んで会話をするために彼女と会ったのですが、突然お金を貸して欲しいと言い出すのです。

「もし私の事が好きなら助けてくれる?」
よく聞くと仕事で失敗してしまい、損失を出してしまったとのこと。
それを何とかしなければならなくて今お金が必要と言うのです。
聞けば聞くほど怪しい話、こんなの詐欺でよくあるものじゃないかって思ってしまいました。
俺の目をしっかりと見て、お金を何とかしなければ大変なことになってしまうと泣きついてくるのです。
幾ら出会いに目がくらんでいる俺だって、こんなの嘘に決まってるっていうのはすぐ分りました。
結局騙すために今まで話を合わせていたんで何ともと一気に冷めていってしまいました。